• フォトギャラリー
  • コンセプト
  • 会場案内
  • 料理
  • ドレスアイテム
  • ウェディングレポート
  • プラン
  • ウェディングプラン
トップページ > コラム > ウェディングプランならウェディングプランナーへ

ウェディングプランならウェディングプランナーへ

ウェディングプランと和式結婚式場のタイプ


日本人が和式結婚式を行う場所は神社やお寺で、神社であれば神前結婚、お寺であれば仏前結婚という事になりますが、ともに神前式と仏前式という名称に分ける事ができます。この神前式と仏前式はいったいどこが違っているのでしょう。この2つは共に日本古来の婚姻方法である和装で行うものですが、大きく違っているのは神前式が神様に、仏前式がご先祖さまに婚姻を行うことを報告するという点です。
まず神前式は親族や近しい人物を集め、神社で神主さんの手によって行われますが、結婚式場などの施設では祭壇を作り、そこで神主さんがやってきて儀式を行うという事も行われるようになってきました。神様に加護を願い玉串を神前に捧げる儀式という事になります。
仏前式は檀家となっているお寺や寺院で行いますが自宅の仏前でも行います。仏様に婚姻の報告を行いますが、正確にはご先祖さまの霊前に報告するという意味合いが強く、巡り合えたご縁に感謝すると共に、仏の前で新郎新婦で来世までの結びつきを誓うわけです。
儀式の内容は神前式では、雅楽の音色が鳴り響く中で、神社に奉仕する神職と巫女に導かれて本殿へ行き、新郎新婦が結婚することを報告するという意味の祝詞が読まれ、三献の儀と呼ばれる三三九度の杯を新郎新婦がかわす事で儀式としています。
仏前式では念珠授与と呼ばれる儀式が行われます。新郎には白ふさの数珠が新婦には赤ふさの数珠が僧侶から渡され、三三九度の杯を新郎新婦がかわす事で儀式としていますが、お経やご焼香も行われるのが仏前でのスタイルです。ただし、仏前式では仏様とご先祖さまに報告しますので、スタイルには決まりが無く、洋装のウエディングドレスでも行う事ができ、仏前式では大吉や友引などの六曜にはこだわりません。こうした儀式を選ぶのもウェディングプランと言えます。

ウェディングプランナーの存在


ウェディングプランナーと言うのは、挙式を行うにあたってその計画をサポートしてくれる協力者で、新郎新婦となるお二人が結婚を決意された時から、挙式に関わる全ての事を取り仕切りまとめ役となってくれる職業です。新郎新婦となろうとする二人にとっては結婚式は人生初めての出来事となる場合がほとんどで、初体験となる挙式から披露宴までの流れを計画的にまとめていくのは大変です。
そこでプランナーの登場となりますが、プランナーは挙式に関しての全て事に必要となる項目を把握しているために、お二人に道しるべを示してくれるわけです。挙式自体は結婚式と披露宴を行うだけですので簡単なのですが、結婚というのは新郎側新婦側と共にこれから縁戚となっていくことでもあります。そのため、披露宴に呼ぶ人選についても決めていかなければならず、また席順の取り決めやスピーチの順番など、社会的地位の高い方ほど慎重に行っていかなければ、後のトラブルに発展しかねません。
また式と宴席の規模や料理や引き出物の選択など、決めなければならない事も多く、案内はがきをいつお出しするのかのタイミングも重要です。こうしたすべての結婚に関わる行事などのアシストを、プランナーが行ってくれます。プランナーは結婚に関して専門の知識を有しており、ある意味結婚の専門家でもあります。

ウェディングプランの流れ


ウェディングプランナーの手によって綿密に練られた挙式までの計画は、常にこのプランナーと相談して行く事で着実に結婚を印象に残るものに導いてくれる事でしょう。結婚式はこのプランナーたちの手で現在の形に作られていったもので、もともとは家で行う仏前婚と言うのが主流で、人前婚と同じく集まった全員の眼前で儀式が行われ祝福を兼ねた宴席が催される祝言と呼ばれるものでした。祝言は言葉通りお祝いを言うという意味で、これは複数形を表したものです。
このようにもともとは新郎または新婦の家で祝言は行われていましたが、互いの家が狭い場合などには名主や庄屋の家屋を借りて祝言を行いました。呼ばれた方たちは祝儀にお酒や肴となるものを持ち寄っていましたが、それがお金と変わり祝儀と呼ばれるものになっていったのです。
現在のウエディングまでの流れは、まず仮の結婚式の日時を決めておくと逆算して行動を起こしやすいので、3カ月前までには決めておくと日程に余裕ができ、やりやすくなります。最初に行わなければならないのは、お互いの家へ挨拶をした後で結婚の了承を貰うことです。その後結納の運びとなりますが、結納までには婚約指輪などの準備も必要になります。
次に衣装の下見や試着を行いますが、最近は挙式で花嫁をより美しく見せるためのサービスも行われており、ブライダルエステと呼ばれ当日までに体を磨き上げるもサービスもあります。同時に列席者名簿の作成と、招待状の文言などを決めておき発注依頼しておきましょう。引き出物の発注や料理のチョイス、進行内容や音楽の選定、メイクのリハーサルを行い、1週間前には司会者との打ち合わせなども行います。

次の記事へ