• フォトギャラリー
  • コンセプト
  • 会場案内
  • 料理
  • ドレスアイテム
  • ウェディングレポート
  • プラン
  • ウェディングプラン
トップページ > コラム > チャペルウェディングの魅力とは

チャペルウェディングの魅力とは

結婚式の歴史


日本の結婚式の始まりは、日本神話にまでさかのぼります。国生み神話の中で伊邪那岐命(イザナギ)と伊邪那美命(イザナミ)は、神が初めて作った島とされているオノゴロ島に天の御柱を建て、それぞれが左右から御柱を回ったという逸話が残っています。この場面は結婚式の起源とされており、お互いが初めて相手の顔を見て結ばれたと言い伝えられています。
江戸時代から明治にかけては、いわゆる祝言というかたちで結婚式が行われました。新郎の家の床の間に高砂の尉と姥の掛け軸、そして鶴亀の置物を飾り、親類縁者が集まって祝いの宴が開かれました。
1885年(明治18年)に行った立正安国会による仏前結婚式が、仏教史上はじめての結婚式だと言われています。また、1900年(明治33年)に、大正天皇の結婚式が行われました。そのときに皇室の儀式である結婚の儀が行われ、これを見た市民が神前での挙式を望むようになり、東京大神宮(当時の神宮奉斎会)が神前式の儀式を新たに作り、これが市民のあいだに定着していったということです。ちなみに、東京大神宮は今も縁結びの神社として有名です。戦後、高度経済成長期には欧米への憧れもあり、キリスト教式も一般に定着していきました。
このように、挙式のスタイルには、仏前式・神前式・キリスト教式などがありますが、それぞれ違った魅力があります。中でも、チャペルで行われるキリスト教式が現在の主流となっているのは、多くのカップルがその魅力に引きつけられているからでしょう。

キリスト教式の魅力


キリスト教式は主に教会やチャペルなどで行われることが多く、教会式やチャペル式と呼ばれることもあります。キリスト教の宗派のうち、カトリックでは新郎新婦両方、あるいは片方がキリスト教信者ではないと挙げられません。一方、プロテスタントは信仰宗教にかかわらず、挙式できます。また、教会で挙式できるのは信者のみが原則です。それに対し、ホテルや式場にあるチャペルは結婚式のための施設であることが多く、こちらは誰でも式を挙げることができます。そのため、キリスト教信者ではない日本人がキリスト教式で挙式する場合、チャペルでプロテスタントスタイルを用いて行われるのがほとんどです。
現代の日本で行われる結婚式のうち、キリスト教式のスタイルが6割を占めているといわれいます。キリスト教式が選ばれているのは、単に欧米への憧れだけではなく、キリスト教式が持つ魅力にあると考えられています。
キリスト教式の魅力の1つは、親子の絆を感じることができるからです。邪悪なものから花嫁を守るといわれているウェディングベールを、結婚式が始まる前に母親がおろして娘を送り出すベールダウンの儀式、そして今までの人生を現すバージンロードを父親と娘が一緒に歩くという儀式に親と子の愛情を強く感じとることができます。
別の魅力としては、チャペルの荘厳な雰囲気の中で、永遠の愛を誓うというところです。賛美歌をゴスペルシンガーが歌うといった演出が可能なところもあります。
さらに、親や親族のみならず、友人や会社の同僚など、お世話になっている人に見守られながら挙式できるという点も魅力です。神前式の場合は列席は親族のみがほとんどですが、キリスト教式には制限はありません。また、式後に、列席者と一緒にブーケトスで盛りあがったりフラワーシャワーで祝福してもらったりという演出が可能です。
これらの魅力は、キリスト教式ならではであり、多くのカップルがチャペルを選び挙式をしています。

ウェディングドレスは新婦の憧れ


キリスト教式を選ぶ理由に、新婦がウェディングドレスに憧れているということがあるのではないでしょうか。小さな子どもの頃からチャペルでウェディングドレスを着るのが夢だったという女性は多いはずです。
ウェディングドレスの起源はローマ帝国の時代にさかのぼります。その頃、ヨーロッパにキリスト教が普及するとともに結婚式は教会で行われるようになりました。その際に王侯貴族の花嫁が婚姻儀礼用として着た衣装がウェディングドレスの始まりです。
純白のウェディングドレスが一般化したきっかけは1840年にイギリスの女王が白いウェディングドレスを選んだことがきっかけとされています。日本で最初にウェディングドレスが着られたのは、1870年頃。後に初代文部大臣となる森有礼が西洋式の結婚式を行ない、その後も著名人による西洋式の結婚式が行われましたが、一般化するまでには至りませんでした。
日本でウェディングドレスが一般化したのは1960年代の後半からです。生活が洋風化したことや、日本の有名デザイナーによるウェディングドレスの販売が始まったことなどから、急速に普及しました。今では多くのデザイナーによる、様々なデザインのドレスを選ぶことができます。また、ドレス選びにあたっての大切なポイントとして、会場とドレスの相性の良し悪しを考えることが、美しいドレス姿を実現する秘訣です。新婦の魅力を際立たせることができるドレスを選ぶようにしましょう。
最近では様々な色のウェディングドレスが出てきており、好みの色を選ぶことができます。チャペルの場合は比較的自由に会場をデザインすることができるため、ウェディングドレスに合わせた飾りつけなどもすることができます。フラワーシャワーなどを楽しめるのもチャペルならではの魅力といえるでしょう。

次の記事へ