• フォトギャラリー
  • コンセプト
  • 会場案内
  • 料理
  • ドレスアイテム
  • ウェディングレポート
  • プラン
  • ウェディングプラン
トップページ > コラム > マリッジブルーとは?知っておきたいその原因と解決策

マリッジブルーとは?知っておきたいその原因と解決策

マリッジブルーとは?


マリッジブルーという言葉を耳にする機会は多いですが、そもそもこれはどんな状態のことを指すのか分かる人は少ないです。特に女性に多いのですが、結婚式の前になると急に不安な気持ちになる、なんだかイライラする、憂鬱な気持ちが抜けない、というのがこの症状です。幸せの絶頂のはずの結婚前に、どうしてこのような気持ちになってしまうのでしょうか。こちらではその原因と解決法についてご紹介します。
一般的にマリッジブルーの原因として挙げられる理由は結婚をすることによって生活スタイルが変わるということです。結婚をすれば今まで住み慣れた土地を離れなければならない場合もありますし、生活のリズムや住む家も変わります。今まで自分の家族と一緒に住んでいた方でも、相手の方の家族と住まなければならなくなる場合もあり、生活の変化はかなり大きなものになります。
日本では結婚をすると男性の家に女性が嫁入りということの方が一般的であり、男性側より女性側がより生活スタイルが変わることが多いです。男性は名字も変わらないことが多いですし、実の親と今まで通り親子関係を結んで、親戚と妻が増えるといった状態です。そのため男性側はマリッジブルーに陥ったという声は一般的にあまり挙がっていないようです。女性側に変化が起きるのが結婚ですので、マリッジブルーになるのは女性が圧倒的に多いという因果関係はこれが原因となっている可能性があります。
ですが、マリッジブルーの原因になるのは生活環境の変化だけではありません。他の要素でも起きる可能性がありますので、未然にこのような症状を防ぐためにも、他の原因についてチェックします。これらは主に4つ挙げることができます。

マリッジブルーになってしまう他の原因とは?


まず1つ目としては、結婚する相手に対する不安です。多くの場合は女性はプロポーズを受ける立場であり、プロポーズに対して了承したは良いものの、時間が経つと本当にこの相手で良かったのだろうかと不安になってしまうことが原因として挙げられます。特に女性の場合は子供を産むこともあり、生物的に優秀な遺伝子を残そうという考え方が本能として植え付けられています。そのため、相手に対する不安がマリッジブルーの原因になることもあります。
2つ目は結婚の準備に対する意見の食い違いというものがあります。結婚式というとどうしても女性主体のイベントというイメージが強いものですが、男性によっては全く結婚式の準備に協力的ではないという場合もあります。これはその相手によって異なることですが、一人で準備をしなければならないという鬱憤やプレッシャーが溜まることでマリッジブルーが引き起こされることもあります。
3つ目は結婚をすることで女性側が不利になるように感じるという点です。結婚をするために仕事を辞めるという男性はごくごく少数ですが、女性は結婚や出産を機に仕事を辞める方は男性に比べると多くいます。仕事を辞めて家に縛られることで自由がなくなると感じてしまうため、そのことに対してストレスを感じるということも原因のひとつです。
最後は相手の方の家との問題が挙げられます。男性のご両親ととても仲が良いという場合は問題ないのですが、意見が食い違っていたり仲が良くなかったりといった問題があると、それもマリッジブルーの原因になり得ます。結婚は二人だけの問題ではなく家と家のつながりですから、男性の家族との関係は切っても切れないものとなります。今後うまくやっていけるのかという不安を抱える女性は多くいるのです。

マリッジブルーを乗り越えるための方法は?


この様に不安な気持ちやストレスが溜まった末に引き起こされるマリッジブルーですが、結婚を無事に実現させるためには、今後夫婦となる男女が頑張って乗り越えていかなければなりません。この不安な気持ちやイライラを乗り越えるためにはどうすれば良いのでしょうか。その解決策についていくつかご紹介していきます。
まず最も大切なことは、あまり深く考えないことです。マリッジブルーになってしまうと、不安な気持ちやストレスがどんどん大きくなっていってしまう場合があります。それはその不安な気持ちに対してさらに不安な気持ちが増幅されるからです。そうならないためには、考えすぎないということが一番です。大抵の場合は不安な気持ちもイライラも一時的なものです。結婚式が終わった途端に気持ちが晴れたという方も多く、気の持ちようで症状を改善することができます。
そして次の解決法としては相手の方にちゃんと相談をするということです。結婚すれば夫婦になって一生付き合っていく相手なのですから、結婚前の不安な気持ちもちゃんと伝えるようにしましょう。意外と相手の方も同じような不安を抱えている場合もありますし、心のうちを話してしまうことでマリッジブルーがすっと治ってしまうという場合もあります。相手の方を信頼して、今の不安な気持ちをさらけ出すということが大切です。
マリッジブルーの原因と解決法についてここまでご紹介してきました。結婚は人生にとって大きなイベントですので、不安な気持ちになるのも無理はありません。ですが、結婚生活の最初の試練だと思って気持ちを切り替え、相手の方と一緒に乗り越えていきたいものです。

次の記事へ