• フォトギャラリー
  • コンセプト
  • 会場案内
  • 料理
  • ドレスアイテム
  • ウェディングレポート
  • プラン
  • ウェディングプラン
トップページ > コラム > 常滑市で結婚式を挙げるならブライダルフェアでチェックを

常滑市で結婚式を挙げるならブライダルフェアでチェックを

手掛かりはブライダルフェアにある


結婚式場を探す場合には、いろいろな条件を満たしていることが求められます。しかし、実際の姿がよく見えないということもあります。写真だけで見ても実感がわきませんし、具体的にどんなことをしているのかもわかりにくいのは当然です。実際に目の前で見ているわけではないのですから、ムービーを見てみても、高さや奥行きをはじめ、雰囲気についても正確にイメージをつかむことは難しいと言えます。また、何もおこなわれていない式場をのぞいてみても、そこから先の実際のイメージを膨らますのは難しい部分があります。
説明をするプランナーは経験豊富ですから、実感できるように説明をしてくれますが、実際の新郎新婦はよくわからないといったことも多いでしょう。そこで、実際にどんなことがおこなわれるのか、目の前で見ることができるブライダルフェアが重要な意味を持ってきます。
常滑市でもいろいろとおこなわれるブライダルフェアですが、参加できるチャンスがあれば、これは大きなメリットがあると言えるでしょう。式の内容を具体的に相談することができますし、いろいろなことを実際に目の前で見ることができるからです。百聞は一見に如かずという言葉通り、目の前で見ることができる経験は、これから様々な選択をしていく上で、大きな差がつくことになるでしょう。
だからこそ、常滑市でも行われているわけですが、フェアを有効に活用するためには、いろいろとチェックするポイントがあります。これから先に後悔しないプランニングを立てるためにも、様々なところをチェックして確認等を忘れないようにすることが大切です。体験型のイベントなのですから、事前にポイントを整理しておけば、あとから状況を思い出すこともできるでしょう。

結婚式上でのチェックポイント


ブライダルフェアでチェックしなければいけないポイントはいくつもあります。その中で重要なことは、希望するようなスタイルになるかどうかでしょう。自分の希望するイメージに近い形の挙式をすることが可能かどうかを確認することが、フェアに参加する目的でもあるからです。
式場の広さということも重要で、どれぐらいの人数が収容できるのか、逆にもっと小さくまとめた場合にどうなるのかを確認しておかなければいけません。会場は大きければいいというわけではなく、雰囲気やコンセプト、インテリアまで合わせてチェックしていかなければいけません。ちょっと上を見上げてみるというのもいいでしょう。照明周りなどを見るだけでも、雰囲気がつかみやすくなります。インテリアも一緒にチェックすることができるますので、必ず上を見上げてみましょう。
大事なこととして、ゲストとの距離があります。あまりに遠くても寂しいものがありますし、近すぎるというのも問題です。ゲストの数と合わせて考えてみると、距離感がはっきりとします。雰囲気作りにも関連する部分なので、大事なポイントになってくるでしょう。
その他にも、写真やビデオ撮影ができるかどうかも確認するとよいでしょう。例えば専属カメラマンしか撮影できないような場合は、予算なども変わってきますので、できれば自由に撮影ができるところにすると自由が利きます。音楽の選定についてもそうですが、自由に選択ができるかどうかは大きな違いが出てくることなので、要望に応じて確認することをおすすめします。

披露宴会場はゲストが楽しむことができるかどうか


常滑市で披露宴会場を探す場合にも、チェックポイントは大きくは変わりません。ブライダルフェアで見るポイントは共通点が多いともいえます。ただし、披露宴の場合には、照明の明るさが重要なポイントになってくるでしょう。演出にもかかわってきますので、大事な要素となります。音響なども含めて、演出の内容を吟味しておくと安心です。その際には、スクリーンの位置に無理がないかどうかも調べておくとよいでしょう。椅子やテーブルのアレンジがどこまでできるのか、距離の問題などもチェックする必要があります。
披露宴会場として外せないのがセッティングです。テーブルクロスひとつを見ても、整然としているとそれだけで清潔感やセレモニーとしての雰囲気が高められます。会場の雰囲気は、ゲストの印象も左右する大事な要因ですので、ウェイターの人数や技量と共にチェックするとよいでしょう。料理などの問題も重要ですが、それを引き立たせるのはセッティングやウェイターの腕次第だということを忘れてはいけません。
バリアフリーかどうかもチェックしていくべきです。ご年配の方が来られた時に、バリアフリーになっていないと負担をかけることになってしまう場合があります。子供たちも含めたゲストの目線や動線も考えて、確認しておくと安心です。アクセスに関してもチェックしておけば、さらに良いでしょう。
どうしても、ホテルとの提携や打ち合わせといったところに目がいきますが、本当に必要なことは何かを見逃さないようにすることが大切です。自分たちの要望と合わせてゲストのことも考えた上で、ブライダルフェアをチェックすることができれば、常滑市で結婚式を挙げる場合にも、間違いのない選択ができるようになるでしょう。

次の記事へ