• フォトギャラリー
  • コンセプト
  • 会場案内
  • 料理
  • ドレスアイテム
  • ウェディングレポート
  • プラン
  • ウェディングプラン
トップページ > コラム > 愛知県での結婚式はウェディングプランナーへ相談

愛知県での結婚式はウェディングプランナーへ相談

一夫一妻制の確立と近代結婚式


愛知県でも、近代的な結婚式が行われるようになったのはごく最近の事で、一般人が式と披露宴を形式ばったものにしたのにはあるきっかけがありました。それは明治時代に入ってからで、一夫一妻制が正式に制度化されたことがきっかけのようです。江戸時代以前の日本では、愛知県も含めて多重婚が認知されていましたので、有力な武士の家系や有力な庄屋や商家などは、後継ぎを設けなければならないために側室が認められており、それがしきたりの一部として認可されてきました。つまり、一夫一妻制が制定されるまで、日本は一夫多妻の可能な国であったわけです。明治に入り、西洋文化が取り入れられるにしたがって、倫理感もあって一夫多妻に異議を唱える者もあらわれてきます。
文部大臣を務めた森有礼もこうした考えの持ち主で、同じ考えを常としていた福沢諭吉を証人として、3箇条に渡る「契約結婚式」を行いました。この時結婚した妻ツネは、薄いグレーのドレス姿によって式に臨んだとされ、日本でウエディングドレスを着て式を行った第1号と言われているのです。その後、明治13年に刑法で一夫一妻制が制定され、これまであった妾の戸籍は、戸籍法で明治19年に完全撤廃される事になりました。やがて、 明治31年に民法で一夫一婦制が定められ、皇族でもこれにならって一夫一妻制の形をとる事になったのです。一般的に式が広まったきっかけは、明治33年の後の大正天皇と貞明皇后の結婚の儀式が神前で執り行われ、これが愛知県も含め全国に広まる事で社会的な反響を呼び、国民から同様に神前での結婚式を挙げたいとの声が高まる事で、神前での挙式が一般人の間でも行われるようになって来たのでした。

ウェディングプランナーと密な相談の重要性


ウェディングプランナーとは、婚姻を決めたカップルに対して、そのカップルにどのような式がふさわしいか、そしてどのような披露宴がふさわしいかを、トータルプランとして提案してくれる存在で、お二人との相談に基づいて式や披露宴までのスケジュールを効果的に行ってくれる、いわば結婚式全般における相談者であり、よき理解者という事になります。ウェディングプランナーは、ウエディングプランにおけるプロフェッショナルですので、より密なミーテングを重ねる事で、お二人の意向に沿ったプランを立てる事ができます。当然予算の関係もありますので、その予算の枠組みの中でプランとスケジュールを組みますので、何でも要望を出してみる事が、大事だと言えるでしょう。
ウェディングプランナーの主な仕事は、お二人が挙式を決められた時点で開始されます。まず、挙式や披露宴についての説明から始まり、打ち合わせを行いますが、同時にある程度の手順を考え丁寧に説明します。会場案内や大まかな商品案内のセールスを行い、見積もりと仮押さえまでできる手順まで、早めにサポートしてくれますので、ある意味安心して任せる事ができるでしょう。そして、挙式を決めると次に申し込み手続きや申込金預かりを行い、結納やご両家お顔合わせなどの日程決定や結納品の説明に、料理の打ち合わせや衣装プランと衣装の説明を行い列席衣装あわせなども行います。また、招待状作成にかかわるデザイン決定や文面作成、枚数打ち合わせに筆耕申し込みや発送のアドバイスを行いますので、住所の控えなどはあらかじめ用意しておきましょう。その後、メイクカウンセリングや幾度かのミーティングを重ねて、当日の挙式に挑む事になります。

ウェディングプランナーの信頼度


元来サービス業全般は、接客マナーに対して厳しいところがほとんどで、日本のおもてなしの心は小さなお店から紡がれているものです。しかし、ことブライダル業界にあっては、接客マナーはことのほか重要な位置を占めており、礼儀全般に関しても非常に厳しいルールが敷かれている場合が多いと言えるでしょう。ウェディングプランナーは、公的な資格など無い職業ではありますが、業務を行うホテルやブライダル専門のコーディネート会社などでは、非常に高いレベルの接客マナーや礼儀作法に、ブライダル業界特有のサービスが求められます。したがって、普段の言葉遣いや礼儀作法が正しく理解されていない方や、立ち居振る舞いが雑な方はあまり向いている業界ではありません。もちろん本人の努力で、これらの項目を改善していく事はできますが、一定のストレスは覚悟しなければならないでしょう。
しかし、これだけ厳しい業界だからこその恩恵も、たくさんある事を忘れてはいけません。ウエディングの世界は、ある意味人を喜ばせる世界であり、一しきり終えた後の解放感は、素晴らしいものと言えるでしょう。仕事を介して、皆さまからの幸せのおすそ分けを頂けるので、その幸福感はほかの業界と比べ物にならないものなのです。また、こうした業界に向いている人たちもいます。これは性格性の問題ですが、人を喜ばせることが好きで、想像力が豊かな人はこの業界に向いていると言えるでしょう。ウエディングプランにおいては、これが絶対というものが存在しない業界で、自分の考えだした独創的な演出で、大評判になる事さえある世界なのです。さらに忍耐力やコミュニケーション力があれば鬼に金棒です。

次の記事へ