• フォトギャラリー
  • コンセプト
  • 会場案内
  • 料理
  • ドレスアイテム
  • ウェディングレポート
  • プラン
  • ウェディングプラン
トップページ > コラム > 結婚式の料理は特別な日にふさわしいものを

結婚式の料理は特別な日にふさわしいものを

結婚式の料理でゲストの満足度は決まる


結婚式の思い出といえば色々ありますが、その中のひとつは豪華な料理です。普段食べることのない豪華な料理は味が美味しいのはもちろんのこと、色彩も豊かで、器や盛り付けにもこだわっている、作り手の繊細な演出がところどころに見え隠れしています。そんな特別な料理はシェフの方たちの新郎新婦をお祝いする気持ちはもちろん、出席されている方たちをも祝福しているように感じます。
特別な日にふさわしい特別な料理は、見ても食べても楽しむことのできる大切な思い出になるものです。新郎新婦はお色直しや写真撮影など、組み込まれたスケジュールをこなすのに必死でゆっくりと食事を食べる余裕がない場合もあります。特に女性の場合はドレスや着物を着ているため、コルセットや帯などで締めつけられていてあまり食べられないこともあり得ます。
しかし一方で、ほとんど見ているだけの受け身のゲストの方にとっては、豪華な食事が楽しみという方も少なくはありません。最近ではSNSなどにもアップされるので、記憶だけでなく記録としても残り、多くの人の目に触れる機会も多くなりました。新郎新婦はもちろん、ゲストの方の印象にも残りやすい料理は、結婚式の満足度を左右すると言っても過言ではありません。
せっかくの素敵な結婚式も、料理の選び方を間違えてしまうと後悔してしまうことになりかねません。一生に一度の大切な結婚式でゲストの方にも満足してもらうことのできる、失敗しない料理選びをするためのポイントをいくつか紹介していきます。

結婚式の料理が重要視される理由


なぜ結婚式の料理はゲストの方の印象に残りやすいのでしょうか。理由として考えられるのは、ご祝儀の大半がお料理代だと認識されているからでしょう。実際に披露宴を行う際に見積もりを行うと、ゲストの方にかかる費用の大半がお料理になるケースが多いです。引き出物や席札などのペーパーグッズなどにもそれなりに費用はかかりますが、メインとなるのは料理代金です。
何よりもゲストの方たちは、決して安くはないご祝儀をもってお祝いに駆けつけてくれます。包んでいただく金額はゲストの立場に応じて変わりますが、それでも数万円はお包みいただくことが一般的でしょう。また、普段からフルコースの食事をする機会はそんなに多くないと思います。それだけに、結婚式で出される料理には高い関心と期待が寄せられ、印象に残りやすいのです。
ゲストの方が最も期待しているだけに、品数が少なかったり結婚式にふさわしくない料理だったりすると、それだけでがっかりされてしまう危険性もあります。「これだけの金額を払っているのにこの程度のお料理?」と思われてしまっては、せっかくの結婚式のイメージが悪くなってしまう可能性もあります。親族の方の中には、今までの披露宴などと比較して「○○ちゃんのときの結婚式のお料理は良かったのに。」などと言い出す人もいたりするので要注意です。
実際の金額は分からなくても、品数や出てくる料理の種類である程度の金額が予想される場合もあります。シェフの方が心を込めて作ってくれる料理を美味しく食べてもらうためにも、ゲストの方への最大のおもてなしでもある料理にも細やかな気配りをしたいものです。

失敗しない料理選びの基本


ゲストの方に満足してもらう料理選びには押さえておくべきポイントがいくつかあります。ゲストの方が楽しみにしているだけに、内容にも高い関心がはらわれています。
まず一つ目のポイントは味と見た目です。披露宴で振る舞われる婚礼料理は、一流のシェフが作り上げるコース料理になります。主な種類としてはフランス料理や日本料理、中華料理やイタリアンのコース料理になります。披露宴会場を選ぶ際には、ウェディングフェアなどを活用してぜひ試食会にも参加されることをおすすめします。実際に振る舞われるお料理を食べることで、どんな味なのか、見た目の豪華さや華やかさはどうなのかを実際に見て食べて確認することができます。
二つ目のポイントは見た目の華やかさです。料理は目で観て楽しむと言われるように、印象を左右する見た目もとても重要です。味はもちろんのこと、食材の色彩だけでなく、器や盛り付けにもこだわった豪華で彩りも豊かな料理でなら、見た目にも楽しくより満足度を高めることができます。
三つ目のポイントは量です。品数と分量が適量でないと、満足度が下がることもあります。品数が少なすぎると貧相なイメージになりがちですし、逆に多すぎると食べきれなくてしんどい思いをさせてしまう可能性もあります。おめでたい席で出された料理なので、ゲストの方も残しにくいという方も多いので、出席される方の年齢層や好みをある程度リサーチして、最適な量を配慮すると良いでしょう。押さえるべきポイントに注意して、新郎新婦の細かな気配りがされた料理を振る舞えば、ゲストの方にも満足していただくことができます。

次の記事へ