• フォトギャラリー
  • コンセプト
  • 会場案内
  • 料理
  • ドレスアイテム
  • ウェディングレポート
  • プラン
  • ウェディングプラン
トップページ > コラム > 結婚式の服装のポイントは

結婚式の服装のポイントは

結婚式の準備


人生で最大のイベントと言えば結婚式ではないでしょうか。恋愛をしてから最終的に行き着くところは、結婚です。式を挙げるまでにはさまざまな準備が必要で、会場をまずは決めなけなければいけません。会場を決めるときに式場と披露宴会場の両方を同じところでできるホテルや、結婚式専門の施設で行うのが一般的で、式場を決めるときには費用を決めてそれに合う場所を選ぶようにします。
やはり費用的なことは重要なので、それにあった場所を決めないと何も始まりません。場所を決めると、日取りをいつにするかを決めて、来賓者への招待状を送る準備に入らなければいけません。ゆっくりとする暇はあまりなく、いろいろと決めていかなければいけません。2人がメインで決めていくのですが、両家の式でもあるので、お互いの両親や親族のことも考えて、式場をどこにするかを決めなければいけません。親族が来られる場所を選ぶのは重要で、遠方の人が宿泊できる場所も確保しなければいけない場合もあります。
準備をするときは、来賓者を最優先で決めていくことでスムーズな準備をすることが出来ます。披露宴会場で出す料理を決めるのも2人の仕事です。参加人数が何人になるかでも、料理の料金も考えなければいけませんし、参加人数が入る披露宴会場も人数が入るだけの広さがあるかも事前に調べておかなければいけません。一般的な人数であれば、どこでも披露宴会場の広さはあります。人数が決まると招待状の作成と発送をしなければいけません。これは式場の担当者に相談して、式場の方で準備してもらえるので、準備してもらってから、直接渡さなければいけない仲人や来賓者には2人で渡すようにして、それ以外は郵送で送るようにします。ある程度の人数が決まると、その人数で料理を決めていけば、来賓者の準備はほぼ終わりとなります。
ここからは、2人の準備がメインになります。式の手順や式から披露宴会場での進行などを式場の担当者と話し合うことになります。入退場やキャンドルサービスの時の音楽を決めるのも2人の仕事です。流したい音楽のCDを作ってから担当者に渡すことになります。その時に、流す曲の順番までしっかりと決めてから渡さないと式場の方ではわかりませんので、どこでどの曲を流すのかを決めなければいけません。そこまで決めていけば、あとは式の時に着る服装をどうするかを2人で決めていくことになります。

結婚式の時の服装


新郎新婦の服装といえば、男性よりも女性側の服装に注目が集まります。男性は女性の服装に合わせるといった形が多いと言えます。女性がウェディングドレスを選んだ場合は、男性はスーツを着用するのですが、数着の中から選ぶだけで、女性が選ぶウェディングドレスに比べると数はそこまで有りません。女性がウェディングドレスで結婚式を挙げる場合は準備が大変です。まずは、試着をするのですが、その前にどのタイプのウェディングドレスがいいのか、色は白を基調としたウェディングドレスにするのかカラードレスにするのかをまずは決めます。白のウェディングドレスを着る場合は、形が色々とあり、ポッチャリ体型の女性の場合は、体型が太って見えないようなウェディングドレスを選んでから試着をします。
試着をする場合は女性側の母親や姉妹と一緒に見に行ってから、試着をして周りに見てもらってどれが一番似合うのかを見てもらうという人もいます。最終的には花嫁自身で決めるわけですが、お色直しで別のドレスを着る場合は、2着目のドレスを決めなければいけません。結婚式には白無垢で行う場合でも、披露宴会場のお色直しでウェディングドレスを着るので最低でも2着を着ることになります。
ドレスや和服の多くの場合は、首周りが大きく空いたものになるので、ある程度前もってムダ毛処理をした方が良いことも考えられます。和服にするかウェディングドレスにするかは、式自体を神前式にするかチャペルにするかで変わってきます。

結婚式場は神前式それともチャペル


神前式でする場合とチャペルでする場合の費用はほとんど変わりません。どちらにするかは2人の好みの次第で、花嫁がチャペルで式を挙げたいと思えばウェディングドレスを着てから結婚式を挙げることになります。神前式で式を挙げたいと思う場合は、白無垢を着てから式をあげます。ウェディングドレスは、お色直しの時に着替えるので両方の衣装の準備をしなければいけません。神前式とチャペルの大きな違いは、衣装だけではありません。参列する人も変わってきます。神前式の場合は基本的に、親族のみの参列になります。
チャペルの場合は、親族だけではなく、友人や知人など、式場に入る人数であれば誰でも自由に参列することが出来ます。最近の神前式結婚式の場合、友人や知人でも参列できるところが増えてきていて、神前式を選ぶカップルも増えてきています。2人がどちらのタイプで式を挙げたいのかで、最終的には決まってきます。どちらでも問題はありません。

次の記事へ