• フォトギャラリー
  • コンセプト
  • 会場案内
  • 料理
  • ドレスアイテム
  • ウェディングレポート
  • プラン
  • ウェディングプラン
トップページ > コラム > 結婚式の豆知識や持ち物について

結婚式の豆知識や持ち物について

結婚式の披露宴や二次会はカラードレスにもこだわろう


結婚式を行う際にはウェディングドレスを選ぶかと思いますが必要になる衣装はそれだけではありません。もちろんウェディングドレスも大切ですが披露宴や二次会などのことについても考えなければなりません。披露宴や二次会はウェディングドレスの他に、カラードレスなどを着るケースも多くなっています。人によってはお色直しなどで何度も着替えることもあるかと思うのでこだわって選んだ方がいいでしょう。
大きく分けると選ぶと時には3つのポイントがあります。1つ目は会場の雰囲気に合わせて選ぶことです。会場の雰囲気はそれぞれの式場によって異なります。例えば、緑や光が差し込むガーデンウエディングなどではパステルカラーやシャーベットカラーなどを選択することで式場にマッチした色合いのドレスになります。またホテルのバンケットルームや洋風なモダンな会場ではビビッドや赤と言った大人な雰囲気のあるカラードレスを選択すると色合いも合うと言われています。
結婚式ではたくさんの写真を撮影したり、出席された友人などがたくさん写真を撮ったりするでしょう。これから先、将来、思い出として残る物となると、会場の雰囲気を含めてこだわることもポイントとなります。会場のライトや雰囲気とマッチすれば、さらに素敵な式になるでしょう。
つづいて2つ目はウェディングドレスとギャップのあるものを選ぶことです。結婚式では新郎新婦がメインなので自分たちのことを考えて楽しむのももちろん問題ありませんが、余裕がある場合はゲストたちを楽しませることも考えた方がいいでしょう。ゲストを楽しませたり驚かせたりする方法としてはいくつかありますがその中でもギャップを出すと会場の雰囲気を盛り上げることができるでしょう。ギャップを出すためにはドレスの種類について知っておくことが大切です。例えばAラインやプリンセスラインなど様々な種類がありますが、ウェディングドレスがAラインならカラードレスはプリンセスラインを選ぶなどギャップのある選び方をすると驚かせることができるでしょう。
最後に3つ目は自分に合うカラーを見つけることです。人によって合うカラーが異なります。結婚式くらいかっこよく可愛く決めたいなら自分に合うカラーのドレスを選ぶと後悔をすることもないでしょう。

結婚式に呼ばれたら何を持っていったらいい?


結婚式は新郎新婦が楽しみにしているイベントですが招待された人たちも楽しみにしています。しかし、中には初めて招待されるという人もいるでしょう。初めての人はどんな持ち物を用意すればいいの?と不安になる方もいるかと思いますが、不安を解消するためにもここでは必要な持ち物について説明をします。
まず1つ目に必要になるのがご祝儀です。招待された場合に忘れてはいけないのがご祝儀です。基本的に二次会などでは用意しなくてもいいという人も多いですが結婚式の場合は別です。マナーとして用意しなければならないので忘れないように準備をしましょう。
続いて2つ目に必要になるのが袱紗です。ご祝儀は直接鞄やスーツなどのポケットに入れるのではなく、袱紗に包んで持参するのが基本です。受付の方に渡すときは、袱紗から取り出してご祝儀袋のみを渡すようにしましょう。
続いて3つ目は招待状です。招待状に関しては忘れてしまったら出席することができないというわけではありませんが忘れてしまうと受付の人が確認などの作業をしないといけないため手間がかかってしまいます。バタバタしないためにも忘れないように持っていきましょう。
その他にも4つ目はハンカチやティッシュを用意するようにしましょう。結婚式では料理などを食べたりするので万が一に備えてハンカチやティッシュは用意しておくのがマナーです。このように、必要な持ち物について紹介しましたが特に初めての人は忘れないようにするためにも調べておくといいでしょう。

失敗しない結婚式場の選び方


結婚式を行う時には色々こだわった方が良い部分がたくさんありますがその中でも式場の選択は理想の挙式にするためにも考えなくてはなりません。失敗しないためにはいくつか重視したいことがあるのでここでは一部分ですが話します。
まず1つ目は見学をしてから決めるようにしましょう。見学をすることのメリットとしては会場の雰囲気を隅々まで見ることができる点です。式場によって雰囲気が変わり人によって好みがあります。実際に見てみないと分からないことがありますが特に式場は自分の目で確認した方がイメージと違うということにもならないので見学をした方がいいでしょう。
見学ではどんな料理が出るのかなども調べることができます。招待する友人や同僚などにはできる限り美味しい料理を食べてほしいと思う人が多いでしょう。料理のこだわりも重要なので細かく知りたい場合、式当日と同じものを試食できる試食会などが実施されているところが多くなってきています。
また資料請求も行っておくといいでしょう。資料を請求すれば結婚式場のサービスなども具体的に書かれています。式場を決める時にサービス内容などは重要になると思うので気になるところがあれば資料請求をして前もって調べておくとよいでしょう。

次の記事へ