• フォトギャラリー
  • コンセプト
  • 会場案内
  • 料理
  • ドレスアイテム
  • ウェディングレポート
  • プラン
  • ウェディングプラン
トップページ > コラム > 結婚式をもっと自由な洋式で

結婚式をもっと自由な洋式で

結婚式を洋式ということでとらえた時に


人生にはいろいろな節目が存在します。その中でも、自分だけではなく、多くの人の節目にもなってくるのが結婚ということでしょう。だからこそ、人生の節目として、さまざまな人の思い出にもなるように、式というかたちをとることに大きな意味が出てきます。節目ということでは、結婚式にもさまざまなかたちがあるため、どんな方法をとるのかということを考えることになります。
例えば日本に昔から伝わる方法としては、神前式があります。神社で挙式する方法で、最近多く見かけるようになってきました。しかし現代においてはウエディングへの憧れなどもあり、洋式の結婚式がオーソドックスになりつつあります。洋式という言葉でひとくくりにするのは難しい部分もありますが、一般的なイメージとしてはキリスト教式の方法を指します。教会式と呼ばれるような方法であり、教会で神に結婚を誓うという形式の方法です。愛のあかしとして結婚指輪を交換するシーンがありますが、これが一般的なイメージになってくるでしょう。
一般的ではありますが、押さえておかなければいけないポイントも多く、キリスト教で結婚式を挙げるためにはしきたりなども知っておく必要があります。結婚という大切なセレモニーをすばらしいものにするためには、それなりの準備が必要です。式になれば何でもいいというわけにはいかないからです。

キリスト教式で考える


洋式の結婚式を希望し、教会で挙式するという場合には、まずキリスト教がプロテスタントとカトリックに分かれていることを知らなければいけません。日本人の感覚からすると、違いはあまり感じないかもしれませんが、同じキリスト教と言っても様々に異なった部分があります。
まず、本来のキリスト教の習慣からいけば、新郎新婦のどちらかがキリスト教の信者であるということが必須の条件となってきます。この習慣が強く残っているのはカトリックであり、結婚式は神聖な儀式として考えられるため、非常に厳格です。これが条件とされることもあり、挙げたいからといって簡単に許可はされない場合もあります。また、カトリックの場合には、牧師ではなく司祭であり神父が式を執り行います。
プロテスタントの場合には、カトリックほど厳格ではありません。どちらも信者ではない場合でも挙げることができますが、礼拝や勉強会が行われることもあります。牧師が出張してチャペルで挙げるというのもプロテスタントになります。バージンロードは白でカトリックとは異なる点です。信仰ということを広く受け入れているところが違いであり、習慣的な部分を重要視しているともいえます。
どちらのかたちにしても言えるのは、日本人が思う感覚よりも、宗教的な儀礼に近くなるということです。ただ何となく教会で式を挙げるということではなく、キリスト教ということに対して礼節を持って接するという姿勢が必要になるでしょう。教会で挙げるということや、ドレスを着たいという目的だけで行うべきではなく、
せっかくの節目ということを考えれば、しっかりと話を聞き、受け入れてくれたことに感謝しつつ、失礼がないように行っていくことが必要といえます。

結婚式をガーデンウエディングのように


日本では、結婚式はどうしてもかしこまった方法がとられがちです。もっとオープンにして華やかなパーティー形式で挙式するというのも、海外的であるといえます。西洋式ということでは、ガーデンウエディングという方法もあります。日本でおこなわれてきた結婚式とは少し違いがありますが、上質な時間を過ごすことができる方法です。よりオープンに挙式する方法であり、そこまで儀式的にしない代わりに、ゲストとの距離は大きく近づきます。招待する人数や規模によって挙式する場所も異なりますが、かなり自由にできる方法といえるでしょう。
人前式的なかたちになってくるため、宗教に対する縛りはありません。洋式の結婚式をしたいけれど、どうしてもキリスト教という言葉に違和感を覚える人も少なくなく、こうした方法も採られるようになってきました。海外でもよくおこなわれている方法であり、パーティー的に進めていきます。
ガーデンウエディングということでは、天候が心配になってしまうことがあるでしょう。そんな時でも、式場の施設としてインナーテラスなどがあれば、さまざまなかたちで演出することができますし、雨が降ってきても問題はありません。形式にこだわることなく、自由な発想にすることができるのも大きいポイントです。指輪の交換といったこともできますし、ウエディングドレスも着ることができます。もちろん、チャペルを利用しながら、こうした施設を活用するという方法もあるでしょう。
日本の結婚式にこだわらず、もっと自由に明るい雰囲気で行うというのが、洋式の特徴ともいえます。本来であれば、それぞれの宗教的な制約がかかわってくるものですが、日本人の宗教観と合わせてみるのであれば、自由な様式をとるというのもポイントです。洋式という広い観点でとらえるのですから、自分たちのイメージに合った施設を選び自由に演出してみることが重要になります。

次の記事へ