• フォトギャラリー
  • コンセプト
  • 会場案内
  • 料理
  • ドレスアイテム
  • ウェディングレポート
  • プラン
  • ウェディングプラン
トップページ > コラム > 結婚式を欠席するときでもお祝い金は渡した方がいいの?

結婚式を欠席するときでもお祝い金は渡した方がいいの?



結婚式を欠席するときにはお祝いは必要なの?



結婚式に出席を予定していたけれど、不幸事や病気などやむを得ない事情で欠席しなければならないこともあります。問題なのは、その時にはお祝い金をどうしたらいいのかということです。せっかく招待された結婚式を欠席するときにお祝いは贈った方がいいのか持って行った方がいいのか、仮に送る場合であれば金額はいくらが妥当なのか、また送るタイミングはどうすればいいのかなど悩みは尽きません。

実際のところどうすればいいのかですが、基本的には欠席するときでもお祝いの気持ちを込めてお祝い金を送る方が望ましいとされています。その場合、送る金額というのは出席したときに包む金額の半分から3分の1程度を準備する方が多くなっています。なぜなら、結婚式では料理やドリンクでおもてなしをされ、そして引き出物をいただいて帰るので、その分の金額を見越してお祝いを準備しているからです。基本的にはこのような対応になるのですが、相手とどのような関係なのかや欠席を伝えるタイミングによって当然金額は異なるので一概には言えません。急な欠席で困ることのないように、予め一般的なマナーについて確認しておくことも大切です。

そして、欠席するときには、できるだけ本人に会って直接伝えたり電話で伝えたりすることがマナーになります。結婚のお祝いを述べたあと、出席できないことを伝えるといいでしょう。この時にお祝いを渡すと非常にスマートなので、できるだけ式の前に時間を作って会うようにしてください。もちろん出席できない理由や事情をきちんと説明することは大事なのですが、病気や身内の不幸などお祝いに水を差してしまう内容の場合は、はっきりと事情を話す必要はありませんので、ある程度ぼかして伝えても大丈夫です。しかし、何も連絡せずに欠席してしまうと、今後の人間関係に影響する可能性があるので気をつけましょう。



結婚式を欠席するタイミングによってお祝いの金額を変える



以前に自分の結婚式に出席してもらい、そのときにご祝儀をもらっていた場合であれば、やはりその方の結婚式にはなるべく出席した方がいいのですが、どうしても出席できない場合であればお祝いは必ず贈るようにしましょう。その時には、当日渡す予定の金額を送るようにすることがマナーです。ただ、自分の式に出席していない相手であれば、先ほども述べた通り出席したときに包む金額の半分から3分の1程度の金額でいいでしょう。

また、招待状をもらっていないタイミングで当日の予定を聞かれたときに欠席の意思を伝えるのであれば、相手が友人や知人ならお金ではなくて代わりに別のプレゼントを贈っても問題ありません。相手が親戚の場合であれば、お祝いの取り決めがないかどうかを確認し、前例があるかどうかも調べるとトラブルになることがありません。

また、招待状をもらってから欠席する場合、式までまだ余裕があるときはお祝いまたはお祝い品のプレゼントで問題ありません。ただ、出席すると伝えていたのに関わらず、身内の不幸や病気などで欠席しなくてはいけなくなった時、それが直前でのキャンセルであれば新郎新婦側も式場で提供する料理や引き出物の発注をストップすることができないので、やはり当日出席する分のお祝い金を渡して後日しっかりと謝罪した方がいいでしょう。誰しも出席できない事情はあるものですが、そのときには新郎新婦に迷惑をかけないように最大限配慮することが大切になります。



結婚式を欠席するときにどうやってお祝いを渡せばいいのか?



やむを得ず結婚式を欠席する場合であれば、どうやってお祝い金を渡せばいいのでしょうか。送るものが品物であれば郵送でも問題ありませんが、現金の場合はできるだけ直接会って気持ちを伝えると共に手渡すといいでしょう。ただ、遠方に住んでいるためにどうしても直接会うのが困難な場合は、郵送で送るようにしてください。そのときにはきちんと熨斗袋にお金を入れて送ることが大事です。当日渡すのと同じようにすることがマナーなので、現金をそのまま送らないように注意しましょう。

また、中には商品券や旅行券を送った方がいいのではと考える方も多い傾向にあります。確かに商品券や旅行券もお祝いの気持ちを送る一つの方法ではありますが、使うことができる場所が限られていますし、新郎新婦が住んでいる地域では使える場所が少ないこともありますので注意が必要です。

親しい間柄だと、現金よりもプレゼントを贈った方が気持ちが伝わると考えて品物を選んで送る方も多いです。プレゼントの場合に注意しなければならないポイントは、他の人と重複する可能性もあるので、送る前に友人や知人に確認するということです。

どのような方法でお祝いの気持ちを伝えるにしろ大事なのは相手に喜んでもらうことと、お祝いの気持ちをしっかりと伝えることなので、その点を忘れないようにお祝いしましょう。

次の記事へ