• フォトギャラリー
  • コンセプト
  • 会場案内
  • 料理
  • ドレスアイテム
  • ウェディングレポート
  • プラン
  • ウェディングプラン
  1. 愛知県常滑市の結婚式場 アリラガーデンリゾート>
  2. スタッフブログ>
  3. 2016年03月

サムシングフォー♪

2016年3月5日

名駅から直通!

リゾートウェディングならアリラガーデンリゾート♪

3月に入り温かい日が続いております!!春がすぐ、そこまで

来ていることにかなりウキウキした気分になります☆

さて、さて、欧米の結婚式の習慣で、Something Fourという習慣があるのを知っていますか?

花嫁は、結婚式の時に、ある4つの物を身に付けると幸せになれる、

という意味があります。欧米の習慣でも、幸せになれるなら、マネしない手はありませんよね!?

そこで今回は、このサムシング・フォーについて、その由来など、詳しくお話ししたいと思います。

130125-362-203x203

Something New(新しい物)

新しい物。これは特に白い物を用いるのが一般的の様です。

花嫁の身に付けるもので新しい物というと、絹の手袋や、ブライダルインナーなどが考えられますが、

その他の物でもOKです。新しい生活を意味するSomething Newですが、

これから始まるこれまでと違った生活、違った人生に思いを込めて身に付ける、

そんな新婦の潔さが感じられますよね。新婦の喜びと、期待と、そして決心。それらが感じられるSomething Newです。

Something Old(古い物)

古い物を身に付けるというのは、家族の絆を表しています。

ご先祖様を尊び、大切にし、また家族の伝統を重んじる。欧米では結婚した際、

家族に代々受け継がれているアクセサリーなどを、受け継ぐという意味で、このSomething Oldの習慣があるようです。

しかし大切なのは、家族の温かさや、大切に思う心。物を引き継ぐだけでなく、そのような気持ちも新婦は大切に受け継ぐのです。

Something Borrow(借りた物)

周りの友人や隣人、自分を取り囲む人々との絆や縁を意味します。

人は誰でも一人では生きていけないもの。これから新しい家族を築いていく時には、

更に周囲の人々の助けを受けることも多いでしょう。

欧米の習慣の一つであるこのSomething Borrowには、どこか聖書の「隣人を愛せ」の一文を思い出させる雰囲気があります。

これから歩む新しい道には、既に出会った人、これから出会う人がいますが、

どんな人でも「今」のあなたを作っている人ということを忘れないでいたいですね。

Something Blue(青い物)

なぜ青いもの、かと言うと、聖母マリアのイメージカラーから来ているようです。

聖母マリアのイメージカラーはブルー。

聖母マリアには「清純」のイメージがあります。

潔白で、清らかな心身で、これから結婚するんだという想いが込められているのです。

このように、Something Fourには、それぞれ、大切な意味が込められています。

宗教が違う、といわれるかもしれませんが、この結婚に対する想いには、

宗教を超えて、世界中の女性が共感できるように思います♡

EFBDBDEFBDB6EFBDB2EFBE8CEFBE9EEFBE99EFBDB0E38080EFBDB9EFBDB0EFBDB7

 

アリラガーデンリゾートのブライダルフェア情報→コチラ